会社設立と税理士

ついに念願の会社設立で喜んでいるのも束の間で、次から次へと様々な問題が生じるのは無理もないことです。経営者としては対応に追われる毎日でしょう。皆様がどんなにお忙しいかはお察しいたします。

とはいっても、待ってくれないのが税金です。納めるものは早目に納め、安心したいものです。そんな時、税理士にお願いしましょう。税理士は税金に関することは熟知していますし、仕事の一つに企業の経営相談に乗るということがありますし、税務書類作成や税務代理は税理士の業務になりますので、頼むことが出来ます。

特に確定申告時などは、一任すると便利でしょう。何しろ、会社設立となると、やるべきことは山のようにあるからです。このような納税に関する業務は税理士に任せることが出来れば、他の業務に集中することが出来ますので、このような業務を請け負ってくれる税理士を顧問として会社に一人頼むと良いでしょう。

税金に関すること、経営に関すること、経費の使い方、節税対策等、アドバイスしてもらえます。もちろん、顧問料を支払うようになりますので、税理士と経営者の間の話し合いも大事なカギとなります。このように会社設立時から、税理士との良い関係が始まります。末永く続く会社の支えとなってくれるような相性の良い税理士を選びましょう。

PICK UP : 会社設立サポート・税務顧問の無料相談-税理士法人アディーレ会計事務所

 

税理士に任せる事

会社設立時に税理士に任せることは何があるでしょうか。設立時となると、本当に何をどうしていいかわからないほどに大変かつ大忙しでしょうから、予め会社の顧問となる税理士については、任せる人を決めておきましょう。このように決めておけばいざと言う時は、あわてずに税理士の判断を仰ぐ事が出来るでしょう。もちろんですが、会社の顧問になるような税理士は信頼できる人が一番です。

では、税理士にはどんなことを任せればよいでしょうか。まずは何と言っても、税金に関することです。確定申告等は、税理士にとってはお手の物ですし、経費の使い方、節税対策についても専門ですから、その知識を頂きましょう。たいていは企業と顧問契約をすると月に1回は訪問がありますから、その時にまとめて、お願いするとよいでしょう。と言っても、他の事で手一杯で、月1回の訪問だけでは足りないような時はこちらから、税理士の事務所を訪ねるのも手です。

このようにして、会社に必要な税務関係の事を税理士に任せましょう。帳簿等を見せて、意見を聞いたり、指導してもらったりすることもできます。また、経費の運用についての良い方法を教えてもらいましょう。節税対策にもつながり、企業の発展へとつながる可能性大です。税理士に任せられることは任せ、経営者として会社経営を軌道に乗せましょう。当サイトはそのような皆様を応援致します。